上京のプロが教える上京コラム!

お仕事からお住まいまでセットでサポートする会社「JOKYO」のスアッフが更新中!

賃貸物件とシェアハウスを比べて・賃貸編

こんにちわ、上京サポート「JOKYO」の平田です。

 

前回シェアハウスをご紹介しました。詳しくはこちら→

jokyo-limbs.hatenablog.jp

 

今回は「賃貸(ちんたい)」と呼ばれるアパートや、マンションのメリット・デメリットご紹介します!

 

【賃貸のメリット】

●物件が沢山

シャアハウスに比べると物件数が多いです。好きな街、条件などの住みたい家の条件範囲がぐっと広くなります。

 

●プライベートが守られる

住んでるのは1人。好きな時にお風呂やキッチンを使うことが出来ます。目覚ましの音や、足音は シェアハウスの時ほど気使う必要はありません。

 

●誰でも招待できる

終電を逃した友達を家に招待したり、恋人や両親も家に入れます。ホームパーティーやお泊まりも自由です。

 

●好きな家具をセットできる

テーブルもイスもタンスも、好みの物でお部屋をコーディネートができます。素敵な家具屋さんも東京には沢山あるので、上京の楽しみが増えますね!

 

【賃貸のデメリット】

●家賃がシェアと比べて高い

都内ですと8万ほど家賃にかかってしまします。探せば安い所もあるのですが、建物が古かったりせまかったり。セキュリティが甘かったり・・・。出来たら生活にストレスにならない環境を選びたいですね・・・。

 

●お風呂やキッチンが狭い

シェアは大きなお風呂やキッチンなのに比べて、家賃8万以下のお部屋では1人暮らしでギリギリ許せる程の大きさがほとんど。お風呂とトイレが一緒な所も多いですから、毎日シャワーのみなんてことも。

 

●はじめは空っぽのお部屋

 お引っ越しするまで、お部屋には何もありません。まるで箱の中のようです。なので生活に必要な家具家電を買い揃える必要があります。

 

●ホームシックになりやすい

今まで家族と暮らしていたのに、急に1人になってしまうと寂しくなってしまうことも。自分から望んで東京に来たとはいえ、友達ともなかなか会えない状況だ心細いですね・・・。

 

 

以上が賃貸のメリット・デメリットとなります。

私の経験からになりますが、

お金や仕事など不安定な上京したては「シェアハウス」。

余裕が出てきたら「賃貸」に移るのがベストかな?と思いました。

 

どちらの物件も「JOKYO」なら内見ができますので、まずは見学にいらして頂き決めるのも◎

 

「地方にいるから、すぐに見に行けないよ!」っという方もお気軽にご連絡くださいね。

 

以上、スタッフ平田でした!

 

 

上京サポート「JOKYO」 HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!