上京のプロが教える上京コラム!

お仕事からお住まいまでセットでサポートする会社「JOKYO」のスアッフが更新中!

上京決定から上京するまでの流れを知りたくない?

上京サポート「JOKYO」のスタッフ平田です。

 毎日たくさんの方が上京したい!!!とご連絡をいただくのですが、その中で多い質問があります。

 

それは・・・。

 

「上京までに何をどうすればいいの!?」

というご質問。

 

決心したけど、何からすればいいか分からない!と、お悩みの方は多いのですね・・・。初めて住む場所ですもの。そりゃそうですよね・・・。

 

色々な方法がありますが、私達の実際におこなっている仕事と家がセットになった「上京サポート方法」がありますのでご紹介いたします。

 

①連絡

上京すると決心したら、まずはご連絡を。

ご連絡はメール・電話はもちろん、LINEでも大丈夫。使いやすい方法で。

 

②相談

上京の時期、仕事や住む場所の希望などが決まっていましたら教えてください。まだ未定や、家だけ、仕事だけのご相談でも大丈夫!上京に関することならお気軽に。スタッフはみんな優しい~人ばっかりなので、なんでも聞いてくださいね。

 

③履歴書を送る

希望の仕事が決まったら、履歴書を送っていただきます。書き方についてご質問があればお答えします。

 

④内見

1度東京に来ていただき、内見(お部屋の見学)と仕事の面接を。お忙しい場合は事前に上京しなくても、来てそのまま引っ越すことも。

 

⑤上京生活が始まる

お引っ越しが終わってすぐ、間を開けることなくお仕事をスタート!スケジュールのご相談ももちろん可能です。

 

 

ご連絡いただいてから上京までベストは1ヶ月

最短で約1週間の期間で上京ができます。

 

上京までのお金の話や、家についてはこちらに詳しくまとめました↓↓↓

 

「お金」リンク貼る

「シェア」リンク貼る

「賃貸」リンク貼る

 

上京の方法は人によってさまざま。

 

こちらではザクッとした説明となってしまいましたが、ご連絡いただいた時にはお一人お一人に合わせた形で上京をサポートしていきます。

上京への第一歩を一緒に踏み出しましょう・・・!

 
 
上京サポート「JOKYO」HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!
 

上京前後で必要な書類一覧!

引越し後と前、提出場所や必要な物など一覧表でまとめました!

表は画像になっているのでダウンロードして使えます!

 

上京前に必要なこと

f:id:jokyo-limbs:20170402174416j:plain

上京した後に必要なこと

f:id:jokyo-limbs:20170402174516j:plain

意外と知らない住民票について

 

f:id:jokyo-limbs:20170402174614j:plain

顔写真付き身分証明がなくても大丈夫!

f:id:jokyo-limbs:20170402174804j:plain

 

賃貸物件とシェアハウスを比べて・賃貸編

こんにちわ、上京サポート「JOKYO」の平田です。

 

前回シェアハウスをご紹介しました。詳しくはこちら→

jokyo-limbs.hatenablog.jp

 

今回は「賃貸(ちんたい)」と呼ばれるアパートや、マンションのメリット・デメリットご紹介します!

 

【賃貸のメリット】

●物件が沢山

シャアハウスに比べると物件数が多いです。好きな街、条件などの住みたい家の条件範囲がぐっと広くなります。

 

●プライベートが守られる

住んでるのは1人。好きな時にお風呂やキッチンを使うことが出来ます。目覚ましの音や、足音は シェアハウスの時ほど気使う必要はありません。

 

●誰でも招待できる

終電を逃した友達を家に招待したり、恋人や両親も家に入れます。ホームパーティーやお泊まりも自由です。

 

●好きな家具をセットできる

テーブルもイスもタンスも、好みの物でお部屋をコーディネートができます。素敵な家具屋さんも東京には沢山あるので、上京の楽しみが増えますね!

 

【賃貸のデメリット】

●家賃がシェアと比べて高い

都内ですと8万ほど家賃にかかってしまします。探せば安い所もあるのですが、建物が古かったりせまかったり。セキュリティが甘かったり・・・。出来たら生活にストレスにならない環境を選びたいですね・・・。

 

●お風呂やキッチンが狭い

シェアは大きなお風呂やキッチンなのに比べて、家賃8万以下のお部屋では1人暮らしでギリギリ許せる程の大きさがほとんど。お風呂とトイレが一緒な所も多いですから、毎日シャワーのみなんてことも。

 

●はじめは空っぽのお部屋

 お引っ越しするまで、お部屋には何もありません。まるで箱の中のようです。なので生活に必要な家具家電を買い揃える必要があります。

 

●ホームシックになりやすい

今まで家族と暮らしていたのに、急に1人になってしまうと寂しくなってしまうことも。自分から望んで東京に来たとはいえ、友達ともなかなか会えない状況だ心細いですね・・・。

 

 

以上が賃貸のメリット・デメリットとなります。

私の経験からになりますが、

お金や仕事など不安定な上京したては「シェアハウス」。

余裕が出てきたら「賃貸」に移るのがベストかな?と思いました。

 

どちらの物件も「JOKYO」なら内見ができますので、まずは見学にいらして頂き決めるのも◎

 

「地方にいるから、すぐに見に行けないよ!」っという方もお気軽にご連絡くださいね。

 

以上、スタッフ平田でした!

 

 

上京サポート「JOKYO」 HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!

 

 

実際どうなのシェアハウス?体験者・スタッフ平田が応えます

 

 

上京サポート「JOKYO」のスタッフ・平田です!

 

前回のコラムではシェアハウスと通常賃貸の家の金額の差についてお話ししました。

詳しくはこちらから↓↓

★上京に必要なお金の話★「通常50万、シェアハウスは20万!」 - 上京のプロが教える上京コラム!

 

実際どっちがどう良いの?

知らない人と住むのは怖くない?

などなど分からない事が沢山あると思います。

 

シャアハウスも普通の賃貸も両方住んだことある私から見て、両者のメリット・デメットをお話しいたしますね。

 

f:id:jokyo-limbs:20170326152529j:plain

【シェアハウスのメリット】

●安い

一番の魅力ですね。大体5万~6万で借りられます。

水道や電気など、1人あたりどれくらい使ったか分かりにくいので、光熱費込みの管理費が+1万~1.5万円ほど。それでもお安い。

 

●家具家電がついている

1から揃えるのって結構な出費なんですよね。洗濯機や冷蔵庫はもちろん、お金がない時には贅沢品であるテレビまで付いています。見落としがちなカーテンまでお部屋についています。

 

●お風呂やキッチンが広い

シェアハウスには共有スペースがとしてお風呂やキッチン、広間などが付いています。場所によってはお料理が好き&勉強している人向けのプロが使うようなキッチンが複数つき、なんてところも…!始めは大丈夫だと思っていた狭いスペースって、住んで見ると結構イライラすることがありました。私はこの点が凄く嬉しかったです。

 

●寂しくない

シェアハウスは文字通り、何人かで共有する「家」。いわば同じ東京で生活する仲間たちです。先に住んでいる家の先輩たちに近所の情報を聞いたり、辛い時は話を聞いてもらったり。引越したばかりでハラハラしていたので、皆に凄く救われました。

 

f:id:jokyo-limbs:20170326153045j:plain

【シェアハウスのデメリット】

●プライベートが少ない

メリットにもなる仲間たちですが、これが短所になることも。実際にすぐに出ていってしまった人はこの理由が多かった気がします。

アパートなどと比べると足音やアラーム音などが気になる&気を使う必要が。JOKYOでご紹介しているシェアハウスは全て個室の鍵付きなので、プライベート空間はありますがそれでも通常よりも注意する必要があります。

 

●共有スペースを自由に使えないときも

お風呂やキッチンやトイレなど、誰かが入っていると次を待つ必要があります。これで遅刻してしまわないように、余裕を持ってもの行動が大事となります。

 

●お客さんを呼べない

家の中に誰かを入れる事は原則禁止です。友達も恋人も呼ぶことが出来ません。

ただ、見学や引越しのお手伝いの時だけ、許可を取ればご家族の立会がOKとなります。同じ屋根の下に暮らす人達や、自分を気使ってくれてのルールなのですが、それが苦しくなってしまう事も。

 

 

以上がシェアハウスのメリット・デメリットになります。

一度住んでしまったら結婚するまでずっとシャアが良い!という友達もいまし、そういう私もその1人。家賃や必要なお金がかからないぶん、貯金や趣味に回せるのが嬉しかったですね・・・!

 

物音やプライベートな問題も、常識の範囲内で生活してれば全く気にならなかったです。

 

好き嫌いの別れる家ではありますが、一回住んでみて決めるのでもいいのかなと思いました。

 

次回、通常の賃貸物件のメリット・デメリットをご紹介いたします!

 

上京サポート「JOKYO」 HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!

 

 

 

★上京に必要なお金の話★「通常50万、シェアハウスは20万!」

こんにちわ!
上京サポート「JOKYO」平田です!
 
 
東京で生活したいとお悩みの皆さま、
実際に上京するまで
どれくらいお金がかかるか知ってますか???
 
 
必要な貯金があれば後は
東京に行くだけ!ですが、
なかなかそうも行きませんよね(ρ_;)
 
「JOKYO」では
一般的な上京の費用を40~60万ほど必要だと考えています。
 
内訳は
●家の契約に必要な費用(家賃によって金額に差が出ます。)
●家具家電を揃える費用
●お給料がでるまでの1ヶ月分の生活費(食費・電気代・交通費等)
などなど・・・。
 
 
家の契約をすると
敷金礼金など家賃3ヶ月分。
他にも、
必ず入らなければいけない
火災保険など。
 
 
例えば家賃が8万円だとすると
1ヶ月分の家賃 + 敷金・礼金3ヶ月分 + 保険2万円、それだけで34万
 
それに冷蔵庫や電子レンジ、カーテンに掃除機、まだまだ必要な物が沢山!
 
 
めちゃめちゃ高いですね・・。
 
お金を貯めるのって大変だから
なかなか遠い道のりになってします・・・。
 
なんとかもっと安く、安く
上京できないものか・・・。
 
そこで私たちが考えた方法が
シェアハウス&6ヶ月の職業体験!
 
●敷金・礼金0円
●始めの1ヶ月の家賃は後払いでOK
●生活に必要な家具家電付き
●会社によっては地元にいながらお仕事の面接も可能!
 
もちろん東京に来るだけ来ちゃって、
それからお仕事探しをすることもできます!
 
これは上京サポート・JOKYOが、「不動産」「人材派遣」の会社だからできることなんです。
 
まずは20万円を貯めれば大丈夫!!
 
なぜ20万円なのか?というと。
上京してすぐだと、お仕事開始からお給料が入ってくるまでに約1ヶ月の時間がかかっていまう事が多いから。
 
そのお金が入ってこない期間に必要な「1ヶ月分のお給料分の20万円」を仮定した金額なんです。
 
内訳は
●東京に来るまでの交通費
●東京での交通費
●生活費(食費、携帯代など)
などなど…!
 
通常上京するのに必要な金額の半分以下!!!!
 
次回は通常のお家とシェアハウスのメリット&デメリットを紹介していきたいと思います。
 
 
 
上京したいと思ったら、ぜひHPもご覧ください↓↓
ご連絡はメール・電話はもちろん、LINEからでも大丈夫!
 
 
HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

上京への第一歩!家族に許しを得るには?

こんにちわ!
上京に関することは
何でもフォロー【JOKYO】の平田です!
 
 
東京で生活することを決心するって、なかなか勇気がいりますよね。
私もそうでした。
 
 
特にそれを両親に伝えるときは、心臓がキューっとなるくらい緊張しましたし、始めは反対されました・・・。
 
 
いま、家族が出来てやっと分かりましたが、住んだことのない人にとっては東京は未知の場所なんですよね。
 
そんな所に自分の大切な子どもを送り出すのはとっても心配な事。
 
 
たしかに、猛反対された時、こっそり家を出て行くこともできます。
 
でも、
 
家を借りるための必要書類には、保証人の欄もあるし、
何かあったときの為に味方となってくれる家族の存在はとっても大きい。
 
 
「どうやって伝えたら良いのか分からない・・・。」
そんな方の為に、説得の仕方をお伝えいたします!
 
 
●その1●
【なぜ上京したいのか、理由を分かりやすくハッキリ伝える。】
 

f:id:jokyo-limbs:20170326104854j:plain

 
地元にはない「何か」、を求めて東京に向う人がほとんどだと思います。
その「何か」を分かりやすく伝えるだけでも納得してくれる事も多いです。
 
 
例えば!
「行きたい学校」や「就職先」がある時は。
 
そこへ行くことで自分にどんな事ができるようになるのか、どんな将来性があるのかを、きちんと整理しておいた方が説得しやすいです。
 
 
「特に理由がないけど上京したい!」という方も、親元を離れて自分を成長させたい、新たな世界を見て可能性を広げたいなど。
 
なぜ自分がそう思ったのかの理由を明確にすると良いでしょう。
 
この時!
 
絶対に、地元や家族を否定してはいけません!
反発には反発で返してしまいやすいのが、人間の性ですから・・・!
 
 
●その2●
【お金の計画をしっかり立てる】

f:id:jokyo-limbs:20170326104932j:plain

上京が決まったら、引越し代や新たに必要になる家具代など。
それだけでそこそこの金額が必要となります。
 
東京は物価が高いので家賃や生活費も地元にいるよりも、お金がかかってしまう事がほとんどです。
 
経済的な理由で反対されている場合はキチンと貯金をして、お金を稼ぐスケジュールを伝える事が大事になります。
 
●その3●
【期限や帰ってくる頻度を決める】

f:id:jokyo-limbs:20170326104923j:plain

 
 
それでも反対されてしまう場合は、帰ってくる頻度や、東京で暮らす期限を決めて話をしてみましょう。
 
 
さまざまなご家庭があるので、この方法が絶対!というものは断言ができません。
 
しかし、
 
せっかく勇気をだし「上京しよう!」と決断したのですから、その気持を大切に伝えてみてくださいね。
 
 
上京が決まって、何から初めて良いか分からない時は、お気軽にご相談くださいね!
 
メール・電話はもちろん!
LINEからでもご連絡を
お待ちしています!
 
 
HP
 
LINEは公式アカウントで「@kcg778r」の検索で出てくる上京サポート!(Limbs.inc)です!
 
 

私たち「JOKYO」スタッフです!

はじめまして!
上京に関することは何でもフォロー
【JOKYO】のスタッフ・平田です!
 
 
多くの方は
いざ上京!と思っても、
「何の準備が必要なのか分からない~!」となっていませんか?
 
 
お家探しや仕事探しなどなど・・・。
見落としがちな情報や
お問い合わせの多いご質問まで
詳しくご紹介をいたします!
 
進学、就職、結婚、
夢を追いかけるため・・・など、
上京の理由が様々なら、
求める条件も変わってきます。
 
 
 
例えば!
家賃がお安く、
家具の準備の不要な
シェアハウスに住みながら
約半年間お仕事にチャレンジ!
そのお仕事が合えば更新もできますし、
別の業種に着くことも可能♪
 
なんてプランもございます!
 
もし直接相談したいなと思いましたら、
ぜひご連絡くださいね!
 
電話やメールはもちろん、
SNSやLINEなど
使いやすい方法で大丈夫です!
 
 
さあ、不安を希望に変えて、
上京へ向けて楽しく準備を始めましょう!